"/>

ふるさと納税関係

ふるさと納税の返礼品の金額が抑制。今年分を早く手続きしよう!

投稿日:

以前から問題視されていたふるさと納税の返礼品が競争化している問題に、総務省が待ったをかけました。
総務省は以前から各自治体に対し、高額な返礼品を送らないよう要請していました。
そして今回ついに、ふるさと納税のポータルサイトにも高額返礼品を掲載しないよう要請されてしまいました。

ふるさと納税をインターネットで仲介する「ポータルサイト」の運営業者に対し、総務省が返礼品是正のため協力を求めたことが二十九日、明らかになった。トラストバンク(東京)の「ふるさとチョイス」と足並みをそろえ、ソフトバンク系の「さとふる」が四月から問題のある返礼品の掲載をやめる。楽天、アイモバイル(東京)の「ふるなび」なども一斉に、返礼品掲載基準やポイント制度の見直しに着手した。

引用元:東京新聞/ふるさと納税の返礼品是正 仲介サイトが掲載見直し

 

要請を受けて直ちに対応するサイトもあれば、順次対応していくサイトもあると思います。
とはいえ、ふるさとチョイスなどの大手ポータルサイトは、換金が容易そうな返礼品は載せないよう以前から対応しています。
仮に市場価額が高くても、換金が困難で、かつ自治体のPRになるようなものは、これまでどおり掲載してくれるのではないでしょうか。
たとえばA5ランクの高級和牛ステーキとか。
寄附金に対する返礼品の価格は4割を超えそうなイメージですが、決まった価格があるものではないですし、そこまで抑制の影響は受けないのでは。

 

 

また、少し前には総務省から、返礼品の価額は寄付金額の3割程度に抑えるように要請が出ています。

総務省は、ふるさと納税をした人に自治体が贈る返礼品について、一部の自治体で高額すぎるものが見られるとして、寄付額の3割以下に抑えるよう、近く全国の自治体に要請する方針です。
ふるさと納税をめぐっては、地元の特産品などを返礼品として贈る自治体が増えていますが、最近、自治体間の競争が過熱し、一部では、制度の趣旨に反して高額すぎるものが送付されていることが課題となっています。

総務省は、こうした状況が続けば、寄付を地域活性化に役立ててもらおうという制度そのものへの信頼を損ねかねないとして、返礼品は寄付額の3割以下に抑えるよう、近く全国の自治体に要請する方針です。

引用元:NHK NEWS WEB/ふるさと納税の返礼品 寄付額の3割以下に抑制要請へ

 

私はふるさと納税の返礼品は食べ物しかもらっていないので、返礼品が自粛になるととても悲しいです。
旅行しなくてもその地域のおいしい御馳走が食べられるなんて、最高だと思っているので・・・。
特に我が家は、年を取って目が不自由になってきた親がいるため、なかなか遠方に旅行なんてできません。
地元にいながら遠くの御馳走が食べられる制度は、素晴らしくありがたいんです。

転売屋どもが、素晴らしい制度をメチャクチャにしやがって・・・という怒りを覚えたり、覚えなかったり。

 

納税先の自治体でしか使えない商品券とか割引券は規制対象になるでしょうね。
でもまぁ、それは仕方ないかな、と思うのが正直なところ。

ネットでは「せどり副業で月収ウン万円」みたいな記事がわんさか溢れています。
それだけ、今の世の中は金がすべてなので、転売されるリスクというのは想像に難くなかったはずですよね・・・(;・∀・)

商品券とかは、まんまお金の代わりとして使えるものですからね。
もらった税金をキャッシュバックしているのとほとんど変わりません。

本当に自治体に足を運んでもらいたいなら、納税した人しか使えない温泉旅館の宿泊券とかをプッシュすべきかな、と思います。
商品券を使うたびに身元確認するというのは現実的ではありません。
でも、旅館とかアクティビティの利用権なら、身元確認もそこまで難しくないはず。

自治体によっては、電子マネーやら図書カードなどを返礼品にしていたケースもあるようで、そんなのは規制されてしかるべき。
そこまでして税金を集めたいのか、と思ってしまいますね(-_-;)
ウチの自治体には誇るべきものがないので、お金で人を釣ります」と言っているようなモンじゃないかと。。

もし各種ポータルサイトが迅速に対応した場合、4月からすぐに返礼品の掲載に規制がかかるかもしれません。
もし今年分を寄付するなら、できるだけ今のうちにしておいた方がよさそうですね。
私は今年はすでに3か所に納税しています。あと一か所くらい、今日、明日のうちにしちゃおうかな(`・ω・´)


社会・経済ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
クリックで応援お願いします♪

sponsor link

sponsor link

-ふるさと納税関係
-,

Copyright© プチブル的節約日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.