"/>

暗号通貨(仮想通貨)

ビットコインが身近になる?ビットコインで決済できるお店が増えるぞ

投稿日:

気になる記事を発見したので、シェアします。

ビットコイン決済が身近に、bitFlyerがビックカメラ2店、Coincheckが26万店展開のAirレジで
お店でビットコインを使って買い物をすることが、ごく近い将来に普通の光景になるかもしれない。2017年4月5日、家電量販大手ビックカメラが旗艦2店舗でbitFlyerのビットコイン決済の導入を発表した。同日、26万店舗にサービスを提供中のPOSレジアプリ「Airレジ」がこの夏をめどにCoincheckのビットコイン決済に対応することが明らかになった。

引用:http://jp.techcrunch.com/2017/04/05/bitcoin_settlement_spreads_for_bitflyer_and_coincheck/

 

ビットコインなどの暗号通貨について、まだまだ日本では知らない人が大多数ですが、着々と実用化されてきています。
Coincheckという、暗号通貨用のウォレットアプリを使うことで料金の支払いができる場面がどんどん増えていきそうです。

 

 

Coincheckの運営会社レジュプレスは、以前からビットコインによる支払いが可能なシステムを作ってきました。

たとえば、「Coincheckでんき」という仕組みを使うと、電気料金をビットコインで支払うことができます。
DMM.com」で提供しているサービスは、Coincheck内に貯金しているビットコインを使って決済が可能です。
ほかにも、銀座の高級料理店など、多種多様なお金持ちが来るようなお店ではビットコイン決済ができるようになりつつあります。

海外では、その辺の個人経営カフェでも、ビットコインでの支払いが可能になっているとかいう噂も。

暗号通貨ってなんぞや、という小難しいお話は後回しにして、今回は、Coincheckアプリを介して買うことができる暗号通貨の相場について紹介します。
Coincheckの取引所では、暗号通貨は11種類取り扱っています。

その中でも、「ブロックチェーン時価総額ランキング20」に入っている、それなりに世界的に需要があるものを厳選して紹介します。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン(BitCoin/BTC)のここ一年間の値動き

暗号通貨の中でもっとも有名な、ご存じビットコイン(BitCoin/BTC)です。
時価総額は8,000億円前後と、いまや世界的に無視できない通貨となっています。

 

最近は1BTCあたり13万~14万円くらいで値動きしています。

チャートではわかりませんが、中国経済の雲行きが怪しくなったとき、一瞬だけ1BTCあたり20万円を突破しました。
ただ、数時間程度でお祭り相場は収束してしまい、元々の相場に戻ってしまいました。

中国経済が不安定になり、中国元の価値が暴落することがあれば、ビットコインは再び暴騰するかもしれません。
ビットコインの価値が下がったタイミングで、少額でも投資してみると面白いかもしれません。

ちなみに私は今日現在、約37,000円分のビットコインを保有しています。

 

イーサリアム(Ethereum/ETH)のここ一年間の値動き

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次ぐ取引総額の暗号通貨です。
ビットコインの世界での取引量がダントツですが、最近少しずつETHも追い上げてきています。

チャートを見て分かるように、4月くらいから大きく相場が高騰しています。
ここ最近、ビットコインの取引処理能力が問題視され始めたことから、ビットコインに代わる通貨として見直されています。

3月頃までに買っておけば、資産が4~5倍くらいに増えていたと考えると、大きなチャンスを逃してしまった感じで悔やまれます。
私はビットコインと、後述するリップルコインに少額投資していて、イーサリアムはノーマークでした。
私は、1ETHあたり3,000円を超えたあたりで、1ETHだけ買ってみました。

これから更に値上がりしていくのか、お祭り相場が沈着するのか、行方を見守ります。

 

リップルコイン(Ripple/XRP)のここ一年間の値動き

リップルコイン(XRP)は、ビットコイン、イーサリアムに次いで、取引総額第3位の暗号通貨です。
三菱東京UFJなど、多くの銀行でも取り扱いが始まっています。

ほんの少し前まで、1XRPあたり1円以下の価値しかなかったのですが、イーサリアムと同様、ここ数日で爆発しました。
一時的なものでしたが、1XRPあたり9円を超えた瞬間もあり、そのタイミングで売り抜けた人はウハウハだったんじゃないかしら(´・ω・`)

私は、1XRPあたり1円くらいのときに、2,000円分だけ買ってました。
それから売り時を逃してしまったので、2,000円で買ったリップルコインは8,000円くらいになっています。

 

Factom(FCT)のここ一年間の値動き

世界第9位の取引量を誇るFactom(FCT)も、Coincheckで取引が可能です。
とはいえ、取引量世界9位となると、ほぼ価値はないかも。。。
世界総取引金額は10億円程度であり、ほぼ需要はないと言っていいかもしれません。

それでも、ここ一年間で価値は4倍くらいになっており、もしかしたらこれから価値が見直されたりするのかも?
私は投資する予定はありませんが、宝くじを買う感覚で投資しておくのも悪くないかも。

 

(XMR)のここ一年間の値動き

Monero(XMR)はFactomに次ぐ世界取引量第10位の暗号通貨です。
これもFactom同様、需要はあまりないように思えますが、価値はこの一年間で10倍近くに跳ね上がっています。
どこで需要があるのかよく分かりませんが、価値が上がっている以上、どこかで需要はあるのでしょう。

損する可能性を覚悟で、一獲千金を夢見て投資してみるのも悪くはないかもしれませんね。

 

 

暗号通貨は、まだまだ日本ではあまり浸透していません。
だからこそ、投資するなら今のうちがチャンスなのかもしれません。

ただ、実体がない資産であり、あくまでデータでしかないので、やはりその価値に対しては懐疑的にならざるを得ないかも。

もし投資するとしても自己責任で!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


社会・経済ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

sponsor link

sponsor link

-暗号通貨(仮想通貨)
-, ,

Copyright© プチブル的節約日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.