"/>

暗号通貨(仮想通貨)

今暗号通貨がアツい!ビットコインなどの暗号通貨投資は儲かるの?

投稿日:

あなたは、「暗号通貨」という言葉に聞き覚えはありますか?
もしも聞き覚えがなくても、「仮想通貨」という言葉なら聞いたことがあるかも知れません。
暗号通貨という用語を知らなくても、ビットコインという言葉は一度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか。

暗号通貨と仮想通貨、どちらも日本では同じものを意味していますが、なんとなく「仮想通貨」という響きは胡散臭い感じがします。
英語では"cryptocurrency"と言われており、直訳すれば暗号通貨になります。
なぜ「仮想通貨」という訳語が一般的になってしまったのかは、正直よく分かりません(^-^;)
私は、仮想通貨というと誤解を招く気がしているので、ここでは「暗号通貨」という訳語を使います。

今回は、その暗号通貨への投資について触れてみたいと思います。
以前、ビットコイン以外の暗号通貨についてもちょっと紹介したので、ついでに読んでみてください。

ビットコインが身近になる?ビットコインで決済できるお店が増えるぞ

気になる記事を発見したので、シェアします。 ビットコイン決済が身近に、bitFlyerがビックカメラ2店、Coincheckが26万店展開のAirレジで お店でビットコインを使って買い物をすることが、 ...

続きを見る

 

ビットコインは危険?安全?儲かるの?暗号通貨をもっと知ろう!

 

そもそも暗号通貨と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか?
暗号通貨について少し知識がある人であれば、「ビットコイン」を思い浮かべるのではないでしょうか。

では、ビットコイン(Bitcoin)に対する印象は?
もしかすると、あなたはあまり印象を持っていないかも知れませんね。

ビットコイン等、暗号通貨への投資は、投資先の一つとして選択するのであれば魅力的です。
しかし、世間の暗号通貨への印象が、投資意欲を鈍らせているのではないかと思います。

暗号通貨の仕組みについては、以下の動画がとてもわかりやすいので、試しに見てみてください。

暗号通貨「ビットコイン」は危険なのか?マウントゴックス社の真相は?

なぜあなたが暗号通貨に良い印象を持てないかといえば、かの「マウントゴックス」事件が原因じゃないかと思います。
この事件、記憶にない方のために簡単に説明すると、以下の三行でまとまります。

・ビットコイン取引所であるMt.GOX(マウントゴックス)社が、顧客から預かっていた暗号通貨数百億円分の情報データを漏えいした。
・「クラッキングによって悪意により通貨が引き出された可能性がある」と社長は証言。
・暗号通貨という、単なる電子データに通貨としての価値を見出すこと自体を疑問視する人々が現れるという結果を導いた。

この事件、暗号通貨について知識がない人たちがワーワーと問題にしていたため、何がなんだか分からないまま「ビットコインは危ない」と漠然と考える人が増えたんですね。
実際、暗号通貨なんて得体の知れない概念ですから、拒否反応を示すのが当然の反応ですよね(^0^;)

結局のところ、この事件は「ビットコインが危ない」という印象を植え付けて収束しました。
被害総額は日本円にして2兆円以上に昇るそうです。

しかしこの事件の本質は、情報流出による通貨データの漏洩という問題ではないんです。
マウントゴックスの社長は、当初「ビットコインは盗まれた」と証言していました。
しかし、よくよく調査を進めてみると、社長が、口座のデータを改ざんし、顧客からの預金を着服していたのです。

つまり銀行で言えば、銀行頭取による、顧客預金の横領事件だったわけです。
銀行頭取くらいの権限を持ってすれば、顧客から預かっているお金を動かすなんてのは容易です。
だから、この事件の本質は、顧客の資産を管理する人間のモラルの問題だったのです。ビットコインに関わらず、どんな銀行、どんな会社でも起こりうる事件だったのです。

実際、ビットコイン取引所の多くが、「この事件はマウントゴックス社以外では起こりえない事件だ」と証言しています。

もちろん、本当にクラッキングによる情報の流出もあったかも知れませんが、横領事件という側面を抜きにしてビットコインの危険性ばかりがニュースで語られていたんです。

暗号通貨は危険か?という問いに対しては、銀行預金やクレジットカード利用と同程度には危険、と言えるでしょう。
ただ、日常的に銀行やクレカを利用しているのであれば、ビットコインをはじめとする暗号通貨の危険性に怯えるのは、過剰反応かも知れません。

 

暗号通貨への投資のリスクは?儲かるの?

 

ビットコインなどの暗号通貨への投資は、「儲けること」を目的とすると、痛い目を見るかも知れません。
暗号通貨への投資は、保持する資産へのリスク分散、くらいに考えておいた方が良いでしょう。

そもそもビットコインは、誰かを儲けさせるために生まれた技術ではありません。
世界のどこでも使える、瞬時に取引が可能な、送金手数料などの負担がない通貨というコンセプトで生まれたものです。
金銀財宝のようなものではなく、あくまで通貨の一つとして持っておくことが推奨されます。

 

なぜビットコインはこんなに値上がりした?

なぜビットコインが値上がりしているのでしょうか。
それは、自国の経済に不安を持つ人々が、自分の資産を守るために、世界のどこでも使える通貨を欲していたからです。

ビットコインなどの暗号通貨は、まさに経済が不安定な国に住むお金持ちにとっては、理想的な通貨だったのです。
ですから、多くの人がいっぺんにビットコインを買いあさったため、ビットコインの市場価格が異常につり上がったわけです。

 

ビットコインに投資している人の多くは、中国人と言われています。

なぜ中国人が多いのかと言うと、中国の通貨「元」の価値が、なかなか安定しないからです。
貨幣価値が安定せず、自分の持っている預金がいつ紙クズ同然になってしまうかわからない。
そういうリスクへの懸念から、母国の通貨のほかに、もうひとつの通貨としてビットコインなどの暗号通貨を選択しているのです。

つまり、貨幣の価値が乱高下しやすい、経済が不安定な国こそ、ビットコインへの投資を行うメリットがあります。
国が定める通貨であれば、「国にお金がなくなったから、貨幣をたくさん作って供給量を増やそう」という、行政による貨幣価値の操作も容易です。
しかし、ビットコインをはじめとする暗号通貨は、通貨の総供給量が予め設定されています。
総供給量が決まっているということは、その通貨への需要が大きくなれば、それに比例して通貨の価値が上がっていきます。

もちろん、「誰も欲しくない」という状況が生まれれば、通貨の価値は下落します。
しかし、数量限定の商品にプレミア価値がつくように、供給量が決まっている通貨の価値が急落するということは、ほとんどないのではないでしょうか。

とはいえ、そもそも「総供給量が決まっている通貨」というものが、まったく新しいシステムですから、実際にどう値動きするかは未知の世界です。
絶対に損しませんよ、と投資をオススメすることはできません。

日本円の価値は、中国元などの通貨と比べると、かなり安定しています。
経済が安定している国に住んでいるので、ビットコインにそこまで魅力を感じられないのは当然なのかも知れませんね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

それでも暗号通貨で儲けたい!という人に(リスク有り)

 

暗号通貨であなたの資産を増やす方法を、二つ紹介します。
ただ、口を酸っぱくして訴えたいのですが、あなたに投資したほうがいいですよ、とオススメするわけではありません。
これは、私がやってみて成功した事例、そして失敗した事例を紹介するというだけの話です。

 

まだ通貨の市場価値が高くない暗号通貨に投資する

一つ目は、「今はまだ価値がない暗号通貨に投資する」という方法です。
ご存じかも知れませんが、ビットコインの市場価値はほんの数年で100万倍に跳ね上がりました。
ビットコインが開発されてから数年間は、1コイン0.1円程度の価値しかありませんでした。
それが今となっては、1コイン10万円以上の価値を持っています。

もしも100円分のビットコインを初期に購入しておけば、それだけで億万長者だったわけです。
実際に海外では、ビットコインを買っていたのを忘れて、数十億円分のビットコインが保存されているパソコンを捨てた男性の悲劇が話題となりました。

今でも、ビットコインの後継となるコイン(アルトコインと呼ばれます)がたくさん出ています。
おそらく、その大半は世に普及することもなく、消えていく技術となるでしょう。
しかしもし万が一、将来的にビットコインやほかの通貨にも勝る価値に跳ね上がるとしたら?
当然、誰も価値を見いださなかった時期に買っておけば、億万長者になれるのです。

とはいえ、今後そこまで大きな価値を持つ暗号通貨が現れるのか、というのは誰にも分かりません。
ちょっとした宝くじを買うくらいの気持ちで投資するなら、夢のある話ではないでしょうか?

暗号通貨のHYIP投資にチャレンジする

HYIPという言葉は、おそらく馴染みがないでしょう。
HYIPとは、High Yield Investment Programの略であり、「高収益投資プログラム」と呼ばれます。
仕組みはよく分かりませんが、提供された元本を元手に様々な資産運用をして、投資者に還元してくれるプログラムです。

基本的に利回りが異常に高く、日利4%~8%というのが当たり前の世界です。
預金による利回りが0.1%もない現代において、とんでもなく魅力的な話ですね。
本当に利息を払ってくれるなら、一ヶ月以内に投資額が返ってきます。

しかしこういう投資話は、基本的に元本を保証されません。
多くの場合、投資した資産を持ち逃げされたり、途中で破綻して会社が消滅してしまいます。

かくいう私も、ビットコイン投資を始めて間もない頃に、HYIP業者に持ち逃げされた体験があります。
そのときは、クルードマイナーズ(Crude Miners)というHYIPに、5,000円だけ投資しました。
最初の数日は配当金が振り込まれていたのですが、急に振り込みが止まり、いつの間にかホームページもなくなっていました。
すべてのHYIP運営元が詐欺目的とは言いませんが、詐欺の可能性が高いと思っておいた方がいいでしょう。

 

実際に投資している人も、基本的には「ゲーム感覚」で投資しています。
もし投資した額以上のバックがあればラッキーだし、そのまま持ち逃げされたらアンラッキー、という感覚ですね。
(時たま、怪しい儲け話に保有資産の多くを突っ込んでしまう人もいますが・・・あなたはそうではないですよね?)

HYIP投資は、私は全くオススメしませんし、当サイトからHYIP業者サイトへのリンクを貼ることはいたしません。
もし興味があれば、ご自分で調べてみてください。

 

暗号通貨についてのまとめ

これはあくまで持論ですが、暗号通貨への投資は、日本経済が安定している今であれば、それほど意味のあるものではありません。
しかし、もし世界恐慌が到来したり、日本の債務超過が深刻化したときに備えておくという意味では、ビットコインなどに投資しておくのは悪くない選択だと思います。

そう簡単に日本経済が破綻するとは思えませんが、備えあれば憂いなし、ですからね(^_^)b

暗号通貨の購入は、Coincheckで行うととても簡単です。
もし興味があれば、登録してみてはいかがでしょうか。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

社会・経済ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

sponsor link

sponsor link

-暗号通貨(仮想通貨)
-, ,

Copyright© プチブル的節約日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.