"/>

未分類

マイナンバーと民間のポイントが紐づけられて便利に・・・?こわっ!

投稿日:

政府がまた、なんとも怪しいことを始めるようです。
政府が、民間企業の各種ポイントをマイナンバーカードに集約するサービスを、9月から開始する予定だそうです。
マイルやTポイント、dポイントやPontaなどなどのポイントがマイナンバーと紐づけられるかも知れないということです。

 政府は9月にも、航空会社のマイルなど民間企業の各種ポイントをマイナンバー(共通番号)カードに合算できるサービスを開始する。

集約したポイントは全国の特産品や公共施設の利用料などと交換することができる。政府は新サービスを、交付枚数が伸び悩むマイナンバーカードの普及や、地域振興につなげたい考えだ。

クレジットカードや携帯電話、航空会社が発行するポイントは、年間4000億円を超すとされるが、未使用分は約3割に達するとの推計もある。新サービスにより、企業ごとだったポイントは「自治体ポイント」として合算されるため、マイナンバーカードを所管する総務省は「消費者の利便性が増してポイントの利用が進み、経済活性化の効果も期待できる」としている。

引用元:@niftyニュース/マイルやポイント、マイナンバーカードに合算へ

 

総務省の意見としては、「民間企業から発行されたポイントのうち、3割は未使用の状態を是正するため」という建前です。
一枚のカードにポイントを集約すれば、我々ポイント利用者にとって利便性が増す、という理屈は一理あります。
カードをたくさん持っていると、財布がかさばりますし・・・。

 

ただ、ひとつ疑問が。

マイナンバーは非常に機密性が高く、重要な個人情報にあたるはずです。

そんな大切な情報と、各民間会社のポイント制度を結びつけちゃって大丈夫なの?

 

 

現状では、マイナンバーが流出したからといって特段困ることもないかも知れません。
マイナンバーだけ分かったからと言って、なにができるわけでもないですし。

しかし、それはあくまで、今現在の日本のマイナンバー制度がお粗末だからという話。

 

 

すでに、職場や金融機関の口座とマイナンバーを結びつける取り組みはスタートしています
じきに、マイナンバーだけで口座の情報や勤務先がわかるような時代が来る可能性は高いです。
いずれは、マイナンバーさえあれば納税状況や保有資産なんかもすぐ分かるような制度ができるかも知れません。

当然、政府はマイナンバーをそういう重要情報と紐づけるつもりだからこそ、厳重に金庫などで保管するように通知しているのだと思うわけです。

 

非常に大切なはずのマイナンバー制度を、ポイントカードなんかと結びつけちゃって大丈夫なのでしょうか?
たとえばですが、会社のアルバイト君が、顧客のマイナンバー情報を持ち逃げした、なんて事件が起こる可能性はないんでしょうか?

また、マイナンバーと保有ポイントを紐づけるということは、マイナンバーさえ分かれば、その人の保有ポイントを知ることができるということです。
となれば、保有しているポイントに応じて、「ポイント税」などの課税もあり得るのではないでしょうか。

 

私自身、複数枚のクレジットカードを持っていますし、いろいろなポイントを利用しています。
このポイントが全部他人に見られるかも知れないと思うと、なんだかおぞましい・・・。

 

とりあえず今のところはマイナンバーカードを作るのは個人の任意で、強制はされていません。
ニュースを見る限り、カードとポイントを結びつけるのも個人の自由のようです。

これを、国民の意思に関わらず勝手に紐づけるようになったら、本当にヤバい。
クレカのポイントなどもすべて国の管理の下に置かれるというのは、すごく不気味です。

 

あくまで、今回のマイナンバーとポイントをくっつけるというニュースを見た私個人の意見です。
ポイント税などが現実のものとなるという確証はありません。

今後の政府の動きに注目です。

社会・経済ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

sponsor link

sponsor link

-未分類
-, ,

Copyright© プチブル日誌。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.