"/>

働き方

かつてブラック企業大賞を受賞したイー・クラシスが晴れて5月8日に倒産。やったぜ

更新日:

 

なかなか愉快、痛快な情報が入ってきたので、シェアしようと思います。

株式会社イー・クラシスが平成29年5月8日付けで破産したそうです。

官報に載っていた情報なので、間違いないです。

 

やったぜ☆

 

イークラシスってどんな会社?

「お前、会社が倒産したのに愉快だなんて、性格歪んでるな」と思われるかも知れません。

でも、ちょっと待って欲しい。

 

株式会社イー・クラシスを少し調べてみてくださいよ。

 

 

「イー・クラシス ブラック企業」という言葉がズラーッと。

 

イークラシスはとんでもないブラック企業でした。

この会社、Wikipediaの記事もあるんですが、事業の内容よりも、いかにひどいブラック企業であるかの部分しか知られていません。まあその程度の会社なんでしょうね。
有名なのは、新入社員の研修内容。

新人同士でチームを組ませ、土嚢を背負わせて長距離マラソンを強制し、最下位のチームは夕飯抜き、とか。
理由もなく穴を掘らせ、一定の深さまで掘ったら自分で穴を埋めさせる。作業が遅かったら夕飯抜き、とか。

 

Yahoo知恵袋には、実際にイークラシスの職員研修に受けた人による実態の暴露が投稿されています。

少し長いんですが、この会社の所業について理解してもらうために引用してみます。

就職で人生ぼろぼろです。ブラック企業、イークラシスについて、深刻な相談です、お願いいたします!
※深刻な問題で、アドバイスをいただきたいので、あえて企業名を出したいと思います。

新卒で入社したブラック企業について、深刻な相談です、お願いいたします!

※深刻な問題で、アドバイスをいただきたいので、あえて企業名を出したいと思います。

08年四大を卒業し、株式会社イー・クラシスに入社したものです。
08年は58名の新卒をとりましたが、現在は40名ほどしか残っていません。

3月28日~4月7日まで、第一次第二次研修を行ってきました。
この研修が大変なもので、①土嚢を担いで20キロ走る②2メートルの巨大な穴を掘る などという、すさまじいメニューをこなしてまいりました。(こちらについては、社長ブログhttp://blog.fideli.com/miyashita/をごらんになっていただければ全てが載っております)※引用者注:社長ブログは現在閲覧できない状態です。
4月9日より第三次研修ということで、東京の本社を拠点に活動してまいりました。ウコンのサプリメントを飲食店に売りつけに行き、新しい事業のためのアカウントを開く、という目的の元行ってまいりました。午前中から18時までには必ず指定の枚数(一人2枚以上はありました)を売り切るまで帰ってはいけない、という厳しいものでした。

問題はこの飛び込み営業だけではありません。17時半ごろから始まる、「接客応対」「電話応対」の練習がひどいものだったのです。新卒の私たちは、日にちが変わって3時、4時まで練習をさせられました。半ば強制的です。終電で帰れるものもほとんどいずに、始発で帰宅、という状態が続いておりました。しかし「接客応対」「電話応対」のテストで社長から100点を取らないと、5月1日の入社式に出れないと言われており、正社員になれない人間は五月からも研修生という身分が続くというのです。(ちなみに研修期間中は自給800円)

私はこの会社のあまりにも不当なやり方に疑問を持ち、先週辞めてしまいました。
大学を通し、第二新卒という形で再出発をします。
入社する前に企業の研究を怠った自分の不手際も痛感しておりますが、
希望に胸を膨らませ社会に出た若者たちを、こんなひどいやり方でふるいにかけ辞めさせていくイー・クラシスの手口に、
本当に憤りを感じております。

そこで、私を含めた何十人もの退職者たちで、09年に入社するだろう新卒のためにも、
イー・クラシスが不当な会社であることを社会に訴えたいと思っているのです。

それにつきましては、どのような形で、どういった機関を通したらよいか、アドバイスをいただければと存じます。
よろしくお願いいたします。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416462364(引用は原文ママ)

 

まぁ、とんでもない。人を人とも思わぬ所業です。

そんな新人研修で有名になってしまったので、新人の採用もままならなかったんじゃないでしょうか。

 

およそまともな会社のやることではないよな、と思ってはいましたが、ついに倒産です。
この会社に入社したことで人生を狂わされてしまった人も、大勢いることでしょう。
せっかくの新卒カードを使って入社したのに、まさか初っ端からブラック企業だなんて、かわいそうな話です。

日本からまたひとつ、ブラック企業が淘汰されたことを祝いましょう。

 

なぜブラック企業は生まれてしまうのか

晴れてブラック企業であるイークラシスは倒産したわけですが、日本にはイークラシス並みに、あるいはそれ以上にやばいブラック企業がたくさん存在します。

なぜ日本にはそんなにもたくさんのブラック企業が存在するのか。

われわれ日本国民が、自分の労働環境に疑問を抱かないのが悪いんじゃないかなーと、私は思ってます。

もちろん、ブラック企業の経営者が最悪というのは大前提ですよ?

 

国会で議論されている労働基準法の改正のうち、「高度プロフェッショナル制度」の危険さ、ブラックさを理解している人はどれくらいいるんでしょう。

この制度、実現したら本当に危険。

もしかしたら、あなたも明日から突然、24時間ぶっ続けで何日も働かされるようになるかも知れません。

そういうブラック労働環境を合法にするための制度なんです。

高度プロフェッショナル制度のやばさについては以下の記事でも書いているので、参考にしてみてください。

【2018年7月追記】とっても危険な「高度プロフェッショナル制度」が導入される前に、ブログを始めておくべき。

【2018年7月1日追記】 ついに6月29日の参議院本会議で、高度プロフェッショナル制度の成立が可決されてしまいました。 制度の導入は2019年4月からの予定です。 制度が始まって最初のうちは被害が及 ...

続きを見る

 

 

さて、幸いというか、イー・クラシスはインターネットポータルサイトの運営やネットを使った広告業などを展開していたようです。
ネット関連ビジネスは、現代ビジネスにおいて最も伸びしろと利ザヤのある業種ですから、きっと彼らも路頭に迷うことはないでしょう・・・。

けっこう事業としては魅力的なこともやっていたらしく、多くの事業を他の企業が譲り受けています。
仕事や発想力は目を見張るところがあったのは間違いないのに、どうしてこうなった。

 

何はともあれ、イー・クラシスの社員の皆様、及び社長の宮下崇俊氏の今後の発展を祈念します。
新人研修はともかく、それなりに大きい会社を運営してきたという宮下氏の実力は確かなはず。

今度はブラック企業として名を馳せないよう、健全な会社運営でお願いしたいところです。

 

いまの会社の労働環境に疑問を抱いている方は、いち早く転職か、別の収入源を探すことをおすすめします。

sponsor link

sponsor link

よく読まれている記事

1

    このブログではgoogle AdSenseを使用しています。 AdSense広告を貼るためには、Googleからの審査を受けて、「アドセンス広告を貼ってもいいよ」と承認を受 ...

2

  なかなか愉快、痛快な情報が入ってきたので、シェアしようと思います。 株式会社イー・クラシスが平成29年5月8日付けで破産したそうです。 官報に載っていた情報なので、間違いないです。 &n ...

3

    このブログではgoogle AdSenseを使用しています。 AdSense広告を貼るためには、Googleからの審査を受けて、「アドセンス広告を貼ってもいいよ」と承認を受 ...

4

【2018年7月1日追記】 ついに6月29日の参議院本会議で、高度プロフェッショナル制度の成立が可決されてしまいました。 制度の導入は2019年4月からの予定です。 制度が始まって最初のうちは被害が及 ...

-働き方
-, , ,

Copyright© プチブル日誌。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.