"/>

お得な食事 株の話

プレナス(9945)から株主優待の商品券が届きました。2,500円分はおいしい。

投稿日:

プレナス(東1・9945)から株主優待券が届きました。

プレナス株主優待

ほっともっとなどで使える優待券500円分×5枚で合計2,500円分です。

プレナスの優待は年に一回だけしかもらえないのが残念ですが、使い勝手は抜群。

500円券を出して少し高いお弁当を一つ買うもよし。
のり弁など安いお弁当を二つ買っていくもよし。

お釣りが出ないので上手に使わないといけませんが、まず持っていて損することはないです。

 

プレナスのすごいのは、権利落ち日以降に株価が上がりやすいこと。とくに理由は分かりません。

今年も現物買いで,権利確定日に100株だけ買っておいたんですが、権利落ち日1週間後に売って少し儲けが出ました。
2,000円程度の儲けでしかないので、おこづかいレベルですけど、一切労せず2,000円もらえたらうれしいじゃないですか。
毎年、2,500円分の優待券と配当金と売却益をいただきまして、ありがとうございます。

 

29年の配当金は1株当たり60円予定(半期ごとに30円配当)なので、100株だけ持っていれば、実質年間8,500円もらえる。
今日時点のプレナスの終値は1株あたり2,338円なので、この株価を基準に考えると年利3.8%です。
ま、実際には高額な所得税や銀行からの手数料やらがあるので、そこまで利幅は大きくないですが・・・。

それでも年利3%近くあると思えば、普通に預金しておくよりも遥かにお得です。
そもそも、どんな優待株であろうと、預金の金利と比べれば遥かにお得なんですけどね。

預金による利息は年利0.001%が当たり前の時代ですからね・・・。
年利0.001%がどういうことかというと、10万円の預金に対して1円の利息がつくということ。
100万円預金して、年間10円もらえる。
今どき赤子でも鼻で笑うわ。

 

 

リスクこそあれど、20万ちょっとの投資で年間8,500円の配当はけっこう魅力ですよ。

飲食関係の株は優待を含めた利回り3%超の株がかなり多いのでおすすめ。使い勝手も良い。
もし投資を始めたばかりなら、とりあえず飲食系の会社で、優待が充実している会社に投資すれば間違いない。

ひっさびさに日経平均が2万の大台を突破した今のタイミングで株式投資に参入してないのは損です。
ド素人でも運が良ければ稼げるし、稼げなくても優待目当てなら参入は早ければ早いほどいいし。

暗号通貨、株式投資は早く参入した人が甘い汁をすする世界ですよーーーー

sponsor link

sponsor link

-お得な食事, 株の話
-, ,

Copyright© プチブル的節約日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.