ブログを書くのは恥ずかしい?恥というメンタルブロックを突破しよう

ブログを書くのは恥ずかしいことじゃない ブログ

 

ブログをはじめようと思うものの、なかなか始められない人ってけっこういる気がします。

「ブログは稼げる」という意見を聞いても、ブログを始めない。
「ブログは面白い」と思っていても、自分で書いてみようとは思わない。
「ブログを書きたい」と思っても、なかなかブログを開設しない。

こういう人ってたくさんいると思います。

 

「なぜブログを始めないのか」の理由は人それぞれでしょう。
「ブログを始めても稼げるか分からない」とか。
「ブログを書くことは面倒くさい」とか。
「ブログを開設することすら面倒くさい」とか。

 

一般的には、ブログを始めることへのメンタルブロックって、「面倒くさい」という感情だと思われているような気がします。

でも私は、そういう人たちの根底にあるものって、「自己表現に対する恥ずかしさ」なんじゃないかと思います。

 

どういうことか、私の意見を述べてみたいと思います。
[adsense]

スポンサーリンク

ブログを書くのは恥ずかしいこと?

心のどこかで「ブログを書くことは恥ずかしい」と思っていませんか?

ぶっちゃけ、私は以前、ブログを書くことは恥ずかしいと思っていました。

「ブログをやっているという事実」が恥ずかしいというよりも、自分の考えていることや感じたことを公開すること」が、恥ずかしいと感じていました。

 

日本人って、世界的にも引っ込み思案な人が多いと思うんです。
「自分はどう感じたのか?」「自分はどのような意見を持っているのか?」をアピールすることに苦手意識があるように思います。

 

学校とかでも、あまり自分自身の考えを表現する場はなくて、むしろ他の人と違う意見を言ったりすると笑われるような空気がありますよね。
そういう教育を受けてきてしまったから、自由に自己表現できるブログを始めることに、心理的抵抗があるんじゃないかな~、と思うんです。
私も、このブログを始める前にも何度かブログを作っては消し、作っては消しを繰り返していました。
なんでも自由に書いていいからこそ、書いた内容は全部自己責任。
ブログに書いた内容っていうのは、100%すべて「自分自身の意見」なわけです。

 

間違ったことを書いたら指摘されるかもしれない。
誰かに書いた内容を笑われるかもしれない。

 

自分を表現するということには、「恥ずかしさ」というものがつきまといます。

 

 

ブログを書くことが恥ずかしい、なんて思うことの方が恥じるべき。

今、私が思うのは「ブログを書くのは恥ずかしい」と思っていたことこそが、なによりも恥ずかしいことだな、ということです。

自分を表現するのが恥ずかしいという感情は、私も痛いほどわかるし、経験しています。

 

でも、そもそも自分を表現するのが恥ずかしいって、意味分からなくないですか?

 

お前はいったい誰のために生きてるんだ、みたいな。

自分自身の人生を生きているのに、他人のことばかり考えすぎ、みたいな。

 

自分の書きたいことを自由に表現してもいい場があるんだから、恥ずかしいなんて思わず、お試し感覚で良いからブログを書いてみればいいんです。

[adsense]

 

ブログを書くことはいいことづくめだよ。

ブログのいいところはたくさんありますが、大きく分けて二つかな、と思ってます。

 

1 読んでくれる人がそのまま収益につながる

いやらしい話に思うかも知れませんが、読者が多ければ多いほど、ブログは稼げます。
私はまだまだひよっこなのでそこまで稼げませんが、稼いでいる人はブログ運営だけで月に一般サラリーマンの年収以上もの収入を得ています。
これって本当にすごいことで、「自己表現」することがそのままお金に変わるんです。
会社に勤めて一生懸命働いていても、絶対にありえないことですよ。

 

2 承認欲求が満たされる

読者の数だけ、あなたの意見に関心を持ってくれる人がいるということです。
ちょっと大げさに感じるかも知れませんが、あなたの意見が社会的に関心を得ていると、数字が証明してくれるとも言えます。

また、ブログの読者数が増えれば、きっとコメントもつくでしょう。
あなたの意見に賛同してくれる意見もたくさん読むことになると思います。

そうなったらブログを書くことが楽しくて楽しくてしょうがなくなること間違いなし!

ブログを通じて、あなたは世界から認められる存在になることができるんだから。
なかなか日常生活では満たされない承認欲求を満たすことができるんです。

 

まずは恥ずかしいというメンタルブロックを乗り越えよう。

ブログを始めるには、「恥ずかしい」というメンタルブロックを取り払う必要があります。
でも、その「恥ずかしい」を乗り切れば、すごく楽しい世界が広がっているんです。
最初のうちはアクセスも伸びず、誰も読んでくれないかも知れません。
でも、そこでへこたれずに書き続ければ、お金と承認欲求を満たすことができるかもしれないんです。

お金と承認欲求を満たすことができる仕事なんて、超一流の会社でもなかなか無いですよ。

それを、学歴も特技もない人でも、満たすことができる可能性があるのがブログなんです。
小難しいことは考えなくてOK!
まずはブログを開設してみませんか?

 

[adsense]

スポンサーリンク

さいごに。MOROHAっていうラッパーを聞いて。

ぶっちゃけ、今日の記事はこの動画を紹介するためだけに書いたようなものです。

 

 

MOROHAっていうラッパーの『革命』っていう曲の動画です。

かなりぶっ刺さる歌詞のオンパレードで、特に新しいビジネスをはじめて間もない人に突き刺さる気がする。

今年こそ?来年こそ?いったい何年生きれるつもりで生きてきたんだ?
今日が終わる、いや今が終わる。そう思えたやつから明日が変わる

今まで恥ずかしかったこと
・夢や希望を真顔で語ったこと
・あいつ痛い、寒いと言われたこと
・身の程を知れって言われたこと

なにより恥ずかしかったこと
それを恥ずかしいと思ったこと!!

 

MOROHAの曲の歌詞はだいたい我々みたいな人間には多かれ少なかれぶっ刺さる気がします。

 

 

自分を表現して、夢や理想を語ることって、たしかに恥ずかしいことかも知れません。

でもね、笑いたい奴には笑わせとけばいいじゃないですか。

私たちは、笑ってるやつらなんてわき目にも振らずにコツコツ頑張っていきましょう。

 

いずれ、笑ってるやつらの顔が引きつるくらいの成功を収めれば私たちの勝ち!!!!

 

ってなもんですよ。

コメント