「公務員だから副業禁止」は今どき古い!副業解禁しませんか。

医師の副業は懲戒免職とすべきなのか 働き方

公務員として働いていた医師が、隠れてアルバイトをしていたことを理由に懲戒免職になった件について。

公務員法がある以上仕方ないことかもしれないけど、ちょっと時代に逆行しているよなぁ、と思います。

 

 

スポンサーリンク

公務員の医師が病院でアルバイトをして懲戒免職。

 徳島県は2日、医師としての研修と偽って職場を離れ、無断で他の民間病院でアルバイトをしていたなどとして、那賀町に派遣されて町立病院に勤務していた医療政策課の医師(35)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。アルバイトは3年5カ月間で324日に上り、約3800万円の報酬を得ていた。

県によると、医師は同町立の木頭診療所や上那賀病院などに勤務していた2014年10月から18年2月の間、勤務が終わった後や休日に許可を得ずにいずれも民間の県内3病院と香川県の1病院で、外来診療や当直勤務に当たっていた。

このうち、17年4月から18年2月の間は、へき地医療に携わる医師を対象にした週1回の研修を受けているように見せかけて、アルバイト業務に42日間従事した。同町から支払われたこの間の給与約96万円を不正受給していた。

匿名の通報を受けた同町から17年12月、県に報告があり、調査した結果、不正行為が発覚した。県の指摘を受けて小幡主任は今年8月1日に不正受給した全額を町に返還した。町は刑事告訴を見送る方針。

県はこうした行為が地方公務員法の「信用失墜行為の禁止」「営利企業等の従事制限」などに違反するとしている。

医師は県の聞き取りに「知人から手伝ってと言われてアルバイトするようになった。医療技術を学ぶために行っていた」と話しているという。

医師は自治医大を卒業後、10年4月に県職員として採用。県立中央病院などでの研修や県立海部病院での勤務を経て、14~15年度は木頭診療所に、17年4月からは上那賀病院に勤めていた。

公務員の医師がアルバイトして懲戒免職

DarkoStojanovic / Pixabay

公務員がアルバイトで懲戒免職になったことについてネット上の反応。

公務員のアルバイトなど副業禁止は合理的なのか?

今回の公務員がアルバイトをしていたことにより懲戒免職になったというのは、公務員法の「営利企業等への従事制限」、つまり職務専念義務に違反したことが原因です。

法律で決まっていることなので、公務員が副業を行うこと自体は違法であり、懲戒免職自体は仕方ないのかもしれません。

 

ただ、今回問題となった医師は、公務員であると同時に医師でもあります。

 

病気やケガで苦しんでいる患者がいて、医者の人手が足りないという現実を目の前にして。

助けたい、手伝いたいと思うのは、医師としての職務であり、数少ない医師の資格を持つ人間として立派な行為だとおもいます。

 

医師の資格を持つ公務員が、公務時間外に地域住民を救うために副業を行うことを制限するのは、本当に合理的なのか、疑問を覚えます。

本当に公務員だからといって一律に副業を禁じるべきなのかは、議論すべきなのではないでしょうか。

 

公務員法、そして「職務専念義務」は誰のためにあるのか?

都会ならまだしも、地方は常に医師不足に悩まされているので、医師が公務時間外に医療を手伝ってくれるなら、住民からすれば喜ばしいことなはず。

医師としても、実際に医療現場で数をこなせば、研修を受けるよりもずっと医療技術は向上するでしょう。

地域住民と医師の双方でWIN-WINの関係が築けるはず。

 

それなのに、「公務員法に抵触するから」という理由で双方が得をしない結果を是認する社会は、ちょっと不可解です。

 

そもそも公務員法ってなんのためにあるの?というところから考えないといけないような気がする。

本来は、「公共の福祉」に貢献することを使命とする公務員を縛り付ける、一般住民目線から制定された法律じゃないのかしら。

 

そうだとしたら、たとえ副業であったとしても、医師として人命を救うという、公共の福祉に貢献する行為を規制するのはちょっとおかしい。

ただ「法律に書いてあるから禁止」というのは、思考停止じゃないのかなあ。

医師の副業は懲戒免職とすべきなのか

DarkoStojanovic / Pixabay

 

あと、無報酬で、ただボランティアで医療の手伝いをしておけばよかったのに、みたいな意見もあるみたいですが。

高度な専門性と重大な責任を負う業務である以上、ボランティアとして無報酬で働いてもらうとなれば、責任感や使命感の欠如につながる恐れもあるから、ある程度の報酬を出すのは当然。

 

報酬はやらないけど一生懸命働け、というのはあまりに都合がよすぎじゃないですか。

それこそ、いまの東京オリンピックのボランティアの問題がそれですが・・・。

貢献を求めるなら、報償を与えなきゃいけないのは一般常識で考えれば当然のことなんですよねー。

公務員の副業はある程度は許容すべきじゃないか?

公務員だからって副業を全面的に禁止してしまえば、優秀な人材の成長を阻害するかもしれない。

社会的、あるいは経済的に大きな損失になるかもしれない。

 

公務員は、基本的に土日祝日はお休みです(休日出勤が常態化している役所は非常に多いですが・・・)。

お休みの間、自己研鑽のために副業をして、副業で培った技能などを公務で生かすことができれば、公共の福祉に貢献することになるのではないでしょうか?

 

憲法すら改正案が出てくるような時代ですよ。

公務員法も見直してみてはいかがでしょう?

コメント