高級な霜降り牛肉のおいしい食べ方!焼き肉のタレはNGだぞ

村上牛イラスト お得な食事

先日、新潟県が誇る高級牛肉ブランドのひとつ、村上牛を購入しました。

基本的に「高級な牛肉はふるさと納税でもらうもの」という思考の私ですが、県内産の牛肉だけは、定価で購入しています。

新潟県は農業特区ですが、畜産のイメージはあまり強くないのでささやかでも応援したいですからね~

 

せっかく高いお肉を買ったので、お肉のプロに聞いた霜降り牛肉のおいしい食べ方について紹介します。

 

スポンサーリンク

村上牛は新潟が誇る高級和牛ブランド。肉質が他とは違うぞ

村上牛と呼ばれるのは品質がA4以上のお肉だけ

まず、本題に入る前に、今回購入した村上牛について簡単に解説します。

新潟県民として、地元の特産品はアピールしておかねば(‘ω’)

 

今回購入した村上牛というお肉は、新潟県産の牛肉の中でも、極めて高い評価の牛肉です。

村上牛として認められるのは、牛肉のランクとしてA4かA5に格付けされたものだけ。
つまり、最高品質のお肉だけが村上牛として認定されるんです。

村上牛イラスト

 

余談ですが、牛肉のランク付けの方法は、「歩留等級」「肉質等級」によって決まります。

歩留等級が良好なものを「A」、普通なものを「B」、劣っているものを「C」とします。

歩留等級がよいものほど、質の高いエサを食べて育った牛であることを意味します。

エサの質が良ければ、お肉の味も甘みが増して、上質な味わいになります。

 

また、肉質等級として、お肉の光沢やサシの入り具合が優れているものから順に、5~1の5段階で評価されます。

味とは別に、お肉の見栄えや牛脂の入り具合で評価されます。

例として、お肉として最高品質なものを「A5」、逆に品質が最悪なものを「C1」と評価して格付けします。

A4~A5ランクの牛肉である村上牛が、どれくらい高品質なお肉であるか分かりますよね。

 

村上牛のお肉の美しさ!色鮮やかな赤身とサシのコントラスト

今回購入した村上牛は、こちらの肩ロースです。

村上牛の霜降り具合

霜降りがすごいでしょ?非常に美しい・・・。

 

以前都城市や泉佐野市からもらった黒毛和牛ステーキにまったく劣りません。

村上牛は新潟県内ではそれなりに知られるブランド牛ですが、全国的にはまだまだ知名度はいまいち。
でも本当は、全国区レベルのお肉なのです(・∀・)

 

さて、このような霜降りが凄いお肉の美味しい食べ方をご紹介します。
スポンサーリンク

高級な霜降り肉をおいしく食べる方法!

1 焼き方は、サッと焼いて脂があふれ出る前に食べる!

さて、サシが多い肉というのは脂の量がすごいため、少し焼いただけでも、脂肪があふれ出てきます。
この脂こそが、お肉の美味しい部分なので、脂が大量にあふれ出る前に食べるのが、おいしく食べるコツです。

じっくりウェルダンになるまで焼いてしまうと、おいしい脂がすべて外に流れ出てしまいます。
フライパンなどでじっくり焼いてしまうと、お肉の表面に脂が付着して、とても脂っぽい味と舌触りになってしまうため、食べていて気持ち悪くなります。

 

よいお肉は、ほんの数秒さっと焼いて食べるのが一番美味しく食べることができます。
サシの多い肉は、短時間でよい焼き色になるので、安いお肉を基準にしてあまり長時間焼かないように気をつけましょう。

もしも「いいお肉だろうと、じっくりと焼いて赤い部分がないお肉を食べたい」というこだわりがある方の場合は、フライパンなどで焼くのではなく、網焼きをおすすめします。
網焼きであれば、溶け出した脂身はお肉の表面に付着せずにすべてしたたり落ちます。

せっかくのおいしい脂がもったいないと思うかもしれませんが、最後まで美味しくお肉を食べたいなら、お肉が脂でギトギトにならないように配慮しましょう。

 

2 味付けはシンプルに塩とワサビがベスト!

お肉の味付けは、人それぞれ好みがあると思います。
ですが、とりあえず避けるべきなのは、「市販の焼き肉のタレ」を使うことです。

特に、スーパーで売っているような安いタレは御法度ですよ!

 

もちろん、焼き肉のタレを使ってもお肉はおいしく食べることができます。

でも、そのお肉の味は、お肉本来の味ではなく、タレの味でしかないんです。

せっかくの高いお肉の食べ方としては、ちょっともったいないと思います。

 

また、市販の焼き肉のタレにはたくさんのオイルが含まれています。

ただでさえ脂分が多いお肉に焼き肉のタレを使うと、かなり脂っぽくなってしまいます。

せっかくの美味しい霜降りのお肉を食べるときは、できるだけ焼き肉のタレは使わないことをおすすめします。

もしどうしても焼き肉のタレを使いたいなら、お肉屋さんで売っている、高級なお肉用のタレを買いましょう。

 

 

私のオススメのお肉の食べ方は、すごくシンプル。

味付けは、「塩」と「わさび」です。

塩は、こだわるなら岩塩や藻塩など、高くて風味が良いお塩を使うと良いですが、一般的なアジシオでも大丈夫。


味の素 アジシオワンタッチ瓶 110g

わさびも、普通の練りチューブのわさびでOKです。


S&B おろし生わさび 43g

 

塩を付けてお肉を食べることで、余計な雑味を加えずにお肉本来の甘みを楽しむことができます。

スイカに塩をかけると甘さが増すように、塩をかけることで、お肉の甘味が引き立って格段に美味しくなりますよ。

わさびは、牛肉特有の臭いを消す効果があり、お肉のうまみを最大限まで引き出すことが可能です。
わさびの独特な鼻にクる辛さが苦手という人もいると思いますが、お肉の脂と中和されるためか、よほど大量にわさびを付けなければ、全然辛さを感じませんのでご安心を。

 

どちらも、一般家庭のキッチンに常備されている調味料ですよね。
でも、塩とワサビだけでお肉は格段においしく食べることができるんです。

 

お肉を焼くときは、肉の脂があふれ出る前に高い火力でサッと焼いて食べる。
味付けは、シンプルに塩とワサビ。

お試しあれ!

コメント