ネットカフェの快適さはヤバい!宿泊にもブログ更新にも最高!

ネットカフェ 個室 写真 ブログ

突然ですが、ネットカフェって利用したことありますか?
私はネットカフェが好きなので、月に1~2回は利用しています。

 

ネットカフェは全国的にどんどん増えている一方で、一度も使ったことがないという人も多いと思います。

ネットカフェを使ったことがない人の中には、「ネカフェ難民」のイメージが強いという人もいるかもしれません。

住む場所にすら困ったような人が、屋根のある場所で眠るために利用する場所がネットカフェ…そんなイメージを持っている人も少なくないのかも。

ネカフェ難民のイメージが強い方だと、治安が悪いとか、衛生状態が不安とか、プライベートがないとか、あまりよくない印象を持っているかもしれません。

 

でも、実際のネットカフェはとっても快適なんです。

今回は、ネットカフェを使ったことがない人向けに、ネカフェの魅力について解説します!

 

スポンサーリンク

ネットカフェは個室ブース!けっこう快適空間だぞ

最近のネットカフェは基本的に、個室ブース完備です。

プライベートがほかの利用客に完全に筒抜け、という心配はいりません。

 

個室の広さは?やや狭いけど、足を伸ばして眠れるぞ

個室の広さは、具体的な部屋の様子を見てもらいましょう。

ネットカフェ 個室 写真

今回利用したのは、フラットブース。パソコンチェアがなく、床がクッションになっています。
パソコンデスクとパソコン、座椅子が備え付けられています。

部屋の広さとしては、足を伸ばしても眠れるくらいの広さ。
背が高い人でも、対角線上に寝れば足を伸ばせると思います。

横幅は、シングルサイズのベッドよりは少し狭いかな?

ただ、圧迫感を感じるほどではないのではないでしょうか。

金庫もついていて、セキュリティやプライベートは守られる

各部屋には金庫が備え付けられています。

 

ネットカフェ 金庫

大きな金庫ではありませんが、財布やカギ、スマホなどの貴重品は余裕で入ります。

高さと奥行きが結構あるので、ビジネスバッグくらいなら丸々収まります。

部屋にはカギがついていないものの、金庫があるのでとりあえずセキュリティは安心でしょう。

 

カギこそついていないものの、引き戸で各部屋と通路が仕切られているため、無理やり覗き見ようとしない限りは、部屋の中を見られることはありません。

禁煙ブース、喫煙ブースで完全分煙。臭い漏れは気にならない

ネットカフェは個室といっても、完全に壁で一部屋ごとに仕切られているわけじゃなく、天井が吹き抜けになっています。

ということは、もし近くの部屋に喫煙者がいたら、タバコ臭さに悩まされるのでは?と思うかもしれません。

もしタバコの臭いが充満していたら、タバコが嫌いな人にとっては、せっかくの快適空間なのにストレスを感じてしまいますよね。

 

ですが安心してください。
ネットカフェは基本的に分煙が徹底されています。

すべてのネットカフェを知っているわけではありませんが、少なくとも業界最大手の「快活CLUB」では、タバコは喫煙席、喫煙席がない店舗では喫煙スペースでしか吸うことができません。

快活CLUB公式ホームページ Q&A

喫煙スペースと禁煙スペースはガラス壁で区切られているので、タバコのにおいが苦手な方でもタバコ臭さを感じることはないと思います。

 

快活CLUBのようにガラス張りでしっかり仕切りがされている店舗ばかりとは限りませんが、基本的には喫煙席と禁煙席は完全に分けられているので、タバコのにおいはそれほど気になりません。

 

完全に壁で仕切られているわけじゃないから、周りの音は聞こえてくる

ネットカフェを使うのに向いていないのは、周りの雑音や生活音が気になる人や、自分の音が周りに聞こえるのに抵抗がある人。

ネットカフェは個室といっても天井が吹き抜けになっているので、隣の部屋の音などは聞こえてきます。

 

私は、特に周りの音が気になるタイプではないし、気になったとしてもヘッドホンをすればOKですが、周りの音が気になってしまう人には向いていないかも。

ネットカフェは仕事場ではないので、利用者がどのような使い方をしようとも、基本的には自由です。
笑い声が聞こえてくることもあれば、いびきが聞こえてきたり、ナニかをしていると思われる物音が聞こえてくることもあり得ます。

ヘッドホンをして音楽でも流していれば音は遮断できますが、周りの生活音が聞こえてくる環境に抵抗がある人には、ネットカフェは向いていないかもしれません。

 

スポンサーリンク

ネカフェは、寝泊まりするにもブログを書くにもうってつけ。

ひとまずのプライベートは守られる、ということは理解していただけたと思います。

 

でも、そもそもネットカフェに行かなくたって自分の家でパソコンしていればいいんじゃない?

 

では、ネカフェがなぜ快適空間であるのかを説明しましょう。

 

ネットカフェはドリンク飲み放題!食器は店員さんが洗ってくれる

ネットカフェは、基本的にドリンクが飲み放題です。

ドリンクバーで自分が好きな飲み物を、好きなだけ飲めます。

ネットカフェ ドリンクバー

 

最近はソフトクリームなどのアイス食べ放題のお店も多いです。

また、みそ汁や中華スープなども飲める店もあり、ドリンクだけでもおなか一杯。

 

ラーメンや丼ものなど、食事もとることができます。

特別高いわけではなく、良心的な価格設定なので、お昼ご飯ついでに気軽に利用するのもいいかも。

食器は返却口に返せば店員さんが片付けてくれるので、洗い物の手間もなく快適。

 

ハイスペックなパソコン使い放題。ストレスフリー!

基本的にネットカフェのパソコンは、オンラインゲームを快適に遊べる程度のスペックを備えています。

自宅で使っているパソコンよりもハイスペックなものがほとんどなので、ゲームをしない人でも、ブログ更新やブラウジングなど非常に快適。

普通のパソコンとは別にゲーミングPCを備えているネットカフェが多いので、ゲームはしない人でも一度利用してみてほしい。
最新のゲームに対応しているパソコンの性能がどれだけ優れているのか、手軽に実感できます。

マンガや雑誌が24時間読み放題。情報収集にもうってつけ!

マンガや雑誌も読み放題。

マンガ雑誌以外にも、ビジネス誌やゴシップ誌など、主要な雑誌はだいたい入荷しています。
最新トレンドの情報収集するには最適な環境です。

マンガ雑誌もほぼすべて入荷されるので、気になるタイトルをチェックするのに便利。

本屋などで立ち読みするのと違って、まったく遠慮する必要がありません。

しかも24時間営業。図書館のように時間を気にする必要もなし。

非常に魅力的な環境だと思いませんか?

 

毛布や枕の貸し出しあり。休憩するにも最適

ネットカフェは宿泊用施設ではありませんが、実際にはネカフェで寝泊まりする人も多いです。

布団などの寝具提供こそありませんが、防寒用の毛布や枕を貸し出してもらうことができます。
(寝具の提供をすると、宿泊業とみなされ、行政から専用の許可を得る必要があるため)

空調もしっかり効いているので、夏場は涼しく、冬はあったかく調整されています。

快眠できるかは人それぞれですが、一晩休憩するくらいならまったく問題ないと思います。

利用料金が非常に安い。半日で2,000円しないことがほとんど。

ネットカフェの利用料金は非常に安いです。
ホテルで一泊すれば安くても5,000円くらいするところがほとんどですが、ネットカフェなら2,000円以下で夜を越すこともできます。

例として、2つのネットカフェの料金表を見てみましょう。

まずは、首都圏にある「漫画喫茶ゲラゲラ」の料金表。

ネットカフェ 料金

12時間利用で1,410円。一泊1,500円以下で泊まれるホテルなんて、カプセルホテルでもなかなか無いと思います。

寝泊まりしないとしても、好きな本読み放題、パソコン使い放題、飲み物飲み放題でこの価格は異常。

 

次に、全国に出店している「快活クラブ」の料金表。

ネットカフェ 安い

ゲラゲラほどではないにしても、夜なら8時間で1,234円と格安。

夜遅く入店して朝早く出発するなら、8時間パックで寝泊まりすれば格安です。

 

ゲラゲラの料金は格安なんですが、設備がイマイチな店舗が多いので、私は快活クラブをよく利用します。

ゲラゲラは内線が昼夜問わず大音量で鳴り響いていることが多く、寝泊まりには不向き。
東京で遊ぶとき、少しでも宿泊費を浮かせたい場合に時々使います。

ちゃんとシャワーも使えます。

寝泊まりできることは分かったけど、お風呂は?汗を落としてサッパリしたいよ!

安心してください。

浴槽こそありませんが、シャワーを使うことができます。

利用料金はお店によって違いますが、だいたい30分で300円くらいのお店が多いです。
もちろんシャンプーやボディーソープなどは備え付けがあります。

どうしても湯船につからないと、という人でなければ、特に不便は感じないでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ。ネットカフェはいいぞ。

ホテル代を節約してでも、遊ぶお金やおいしいものを食べるお金に回したいなら、ネットカフェは非常に優れた施設だと思います。

もちろん宿泊目的じゃなくても、本も読めるしパソコンも使えるので、暇つぶしやちょっとした作業にもいい環境です。

私は、自宅でブログ記事を更新しようと思うと、おふとんの誘惑や家族による中断であまり集中できないので、ネットカフェでブログ記事を書くことがよくあります。

 

ある程度静かで、でも少しは音があって、気軽に休憩もできる作業環境。

そんな環境を求めているなら、ネットカフェに行ってみませんか?

コメント